丹青堂ロゴ

書道用品・日本画画材・和趣品を専門に販売(通販)|丹青堂 

お買い物について
ご利用案内
特定商取引法
送料について
個人情報保護方針

カートの中を見る

お支払方法
カード払・代金引換・銀行振込・郵便振替

メニューを飛ばして本文にジャンプします

1か所につき商品代金10,800円(税込)以上のお買い上げで、送料が無料となります。北海道・沖縄は送料が864円引きとなります。
※パネル等の一部商品は別途送料が発生いたします。

送料の詳細はこちらから

株式会社 丹青堂
会社案内
丹青堂本店
542-0076
大阪府大阪市中央区難波1丁目6-12
 
トップページ»  書道用品の情報»  書道筆の選び方

書道筆をお探しの方へトップ


書道筆は、「文字の大きさ」「書体」によって、適したお筆を選ぶ必要があります。
このページでは、初めて書道をされる方書道経験者の方が分かりやすく選べるようご紹介をしております。


いい書道筆とは?字の大きさ・書体から選ぶおすすめ書道筆丹青堂製の書道筆「書体別一覧表」丹青堂の実店舗情報

書道筆に関連するQ&A


良い書道筆とは?

四徳について

四徳 尖・斉・円・健

「尖」穂先が尖っていること
「斉」穂先全体がきめ細かく整っていること
「円」穂全体がきれいな円錐型になっていること
「健」穂先の弾力がほどよく、筆運びがスムーズであること
 
書道筆は、「四徳」が備わっているものが良いと言われております。
これらの条件をもとに、書き手が求める目的に合った書筆が「良い筆」と言えます。
ページトップへ戻る


毛と書体について 
 
楷書を書くなら 馬毛 【 馬毛 】
  馬毛は、毛質が非常に硬く、主に楷書体を書くのに適しています。
 タテガミや尻尾・おなかの毛など、部位によって毛の硬さが異なっていますが、書道筆で扱われる毛は主に硬い部位の毛が使用されております。
 

 おすすめの楷書向き(馬毛)のお筆は...思無邪
草書を書くなら 羊毛 【 羊毛 】
  羊毛は、毛質が非常に柔らかく、主に草書を書くのに適しています。
 また、墨含みがよい代わりに、筆運びが難しい毛質でもあります。

 

 おすすめの草書向き(羊毛)のお筆は...純白
楷書・行書を自在に書くなら 鼬・コリンスキー 【 鼬毛 】
  鼬毛は、毛質がほどよい硬さで筆が操りやすく、楷書・行書を書くのに適しています。馬毛よりも柔らかく、滑りの良い毛質で、初心者の方も上級者の方も満足のいく書き心地です。毛の色が焦げ茶色です。


 おすすめの楷書・行書向き(鼬毛)のお筆は...耕心
楷書・行書をより自在に書くなら 鼬・コリンスキー 【 コリンスキー 】
  コリンスキーの毛は、鼬のさらに上を行くより書きやすい性質を持っています。
 毛の色が栗色です。


 
 おすすめの楷書・行書向き(コリンスキー)のお筆は...空海良寛
行書を書くなら  * 兼豪筆 
馬毛と羊毛、鼬毛と羊毛の兼など、様々な動物の毛が特別な配分で混ざり合ったお筆があります。
お筆の芯に硬い馬毛や鼬の毛を使用し、その周りを覆うようにして羊の毛が使用されているものが一般的です。
芯がしっかりしていて筆が操りやすく、羊の毛により墨含みの良いお筆となっております。

おすすめの兼毫のお筆は...九仙(鼬毛と羊毛)
ページトップへ戻る

おすすめ書道筆


あなたの書きたい目的に合った質問に答えていくことで、それに適した丹青堂のおすすめ書道筆が見つかります。

*「とりあえず始めてみたい」「練習したい」という方は、最も一般的な「は・半紙二文字から四文字」を選択してください。
 

どれほどの大きさの文字を書きますか 

以下の6つの選択肢の中から、書きたい作品に最も近い文字の大きさを選び、画像をクリックしてください。

 
半切よりも大きな文字
半切(条幅)よりも大きな文字を書く
半紙1文字~半切1行程度
半紙に1文字・半切に1行程度を書く
半紙2~4文字~半切2行程度
半紙に2~4文字・半切2行程度を書く

 
 
半紙4文字~6文字程度
半紙に4~6文字程度を書く
半紙3行~4行程度
半紙3行~4行程度・色紙に書く
臨書・写経から実用習字まで
臨書・写経・手紙・熨斗書きや名前書き
などを書く

 
 
ページトップへ戻る

おすすめ万能書筆

丹青堂の書きやすいおすすめ「万能筆」はこちら!
初心者、上級者問わず、だれでも楷書・行書を中心に「とても書きやすい」お筆となっております。

書道家の方や、お寺の方等の顧客様から厚い信頼を頂いております。
 
ページトップへ戻る
 
空海(書道用大筆)
空海
楷書・行書を万能に書ける
穂先の長さ:約4.5cm
筆軸の太さ:約1.0cm
価格   :15,660円(税込)

 
良寛(書道用大筆)
良寛
楷書・行書を万能に書ける
穂先の長さ:約4.5cm
筆軸の太さ:約1.0cm
価格   :15,660円(税込)

 
*空海・良寛は、同一性能のお筆です。(柄の色が選べます。)
 
 

書体別一覧表


丹青堂書道大筆の一覧表です。縦軸は、半紙を基準とした書きたい文字の大きさを表しており、横軸は書体(楷・行・草)を表します。一般的な臨書例も下に掲載しておりますので、そちらも併せてご覧ください。

 
大筆  楷書体 楷書よりの行書 行書体 行書よりの草書 草書体 隷書体
書体参考  九成宮醴泉銘 蘭亭序 集字聖教序 風信帖 十七帖 曹全碑
半紙よりも
大きな文字
天上台風(大) 天上台風(中) 大鳳(大)   大観      
半紙 1文字
半切 2行程度
大鳳(中)   謙巳      
半紙2~4文字
半切 2行程度
耕心(大) 高明 思無邪 耕心(大) 開心三号 豊山 豊泉 耕心(大) 開心三号
\2,700-

豊山
豊泉
耕心(大) 純白(大) 素月流天(大) 耕心(大) 耕心(大)
半紙4~6文字 空海・良寛
耕心(中) 喜寿 桐雲
空海・良寛
耕心(中) 開心四号 九仙
空海・良寛
耕心(中) 開心四号  
空海・良寛
耕心(中) 純白 素月流天(小)
空海・良寛
耕心(中)
空海・良寛
耕心(中)
半紙3行~4行 空海・良寛
耕心(小)
空海・良寛
耕心(小)
空海・良寛
耕心(小)
空海・良寛
耕心(小)
空海・良寛
耕心(小)
空海・良寛
耕心(小)



 
漢字向けの小筆 かな交じりの文 実用習字
(あて名・のし書き・名前書き)
写経筆
漢字を書きたい 長骨鼬毫
長骨鼬毫
芭蕉
極品写経
 
 かな文字向けの小筆 連綿が少ない
(初心者向け)
    連綿が多い
(上級者向け)
かな文字書体参考  高野切第3 寸松庵 本阿弥切 香紙切 一条摂政集
かな文字を書きたい 桂月
 
行成 玉藻
 
桂月
 
玉藻
桂月
 
玉藻
 
 

ページトップへ戻る

書道筆に関するQ&A

 
書道のお筆に関するよくある質問集です。
こちらのQ&Aは、丹青堂の筆職人へ直接回答いただいたものを掲載しております。
掲載されている質問以外に、気になることがありましたらお気軽にお問い合わせよりご質問ください。
  1. なぜ書筆は、同じ動物の毛でも値段が違うものがあるの?
  2. 筆の先が割れてしまうのはどうして?
  3. 毛先が千切れないようにするにはどうしたらいい?
  4. 端っこに飛び出た毛はどうすればいい?
  5. キャップは毎回した方がいい?
  6. 筆を長持ちさせるには?
  7. 筆をシャンプーで洗ってもいい?
*こちらのQ&Aは、丹青堂の筆職人へ直接回答いただいたものを編集し、掲載しております。
ページトップへ戻る

 

なぜ書筆は同じ動物の毛でも値段が違うものがあるの?

生えている毛の部位によって値段が変わります。

書筆は、同じ動物の毛を使うとしても、その毛の生える位置によって毛質が変わります。

そのため、
「たくさん取れる部位」=コシが強く、硬い書き味の毛は安く、
「希少な部位」=しなやかで墨含みがよく、書きやすい毛は高くなります。

例えば、馬の毛になりますと、「タテガミ」「胴の毛」「脚の毛」「尾」などそれぞれ毛の生えている位置で種類が分けられています。タテガミや尻尾などのたくさん採れる毛は、毛質が硬く弾力のある書筆となり、おなかの部位に生えているあまり採れない短い毛は、毛質が柔らかくしなやかな書筆となります。

また、鼬などの小動物は、その毛質から非常に書きやすいお筆を作ることができますが、身体が小さい分毛の採れる量も少ないこともあり、高くなることが多いです。
毛を採取する部位・その動物の希少さが、主に値段が変わるポイントとなります。

なお、極端に安いお筆(千円以下)の多くは、ポリエステルなどが使用されており動物の毛でないことが多いです。ポリエステルは、墨を含まないために文字を書いたとき墨が長続きせず、すぐに線が途切れてしまいます。そのため、お筆は動物の毛を使用したものがよいです。

質問トップへ戻る
毛先が割れてしまうのはどうして?

お手入れの様々な原因があります

 
主な原因は、洗い方です。しっかりと墨を落とさずに乾燥もおざなりにしてしまうと割れやすくなります。
また、書く際に、筆先を強く紙に押し付けたり墨がかすれているのにそのまま無理やり書くと割れやすくなります。

丁寧に管理しているのに割れるという方は、ご使用のお筆の毛質によるものかもしれません。
硬い毛質(馬毛など)のお筆ですと、摩擦率が高く割れやすくなります。

いずれの場合も、買い替える他ありません。

質問トップへ戻る

毛先が千切れないようにするには?

墨をしっかりと洗い流しましょう

 
毛が千切れてしまうのは、洗い方と普段の管理が甘くなっている場合が多いです。

【 大筆に多い 】根元から千切れる場合、根元と筆の軸部分が根腐れを起こしています。使用後は、しっかりと軸の中まで洗い流し、風通しの良い場所または筆入れで乾燥させてください。

【 小筆に多い 】根元まで筆の糊を落としていない場合、その糊と墨がたまる境目で固まってしまっているからです。墨には、膠(ニカワ)という糊が含まれているため、洗い方が甘いと残った膠が固まります。使用後は、丁寧にふき取って少しずつ筆を下ろしていくと、千切れることがありません。
 

質問トップへ戻る

端に飛び出た毛はどうすればいい?

筆の専門店までもっていってください。

 
摩擦により削れていった毛や、抜けかけている毛が飛び出ることがありますが、書くのに支障が出ない根元近くで切っていただくか、書道店へお持ち下さるのが確実です。

あまり推奨できませんが、その毛のみ抜くことで解決します。ただし、抜くことによって束ねている筆の毛先がばらつき、より抜けやすくなる場合があります。

質問トップへ戻る

キャップは毎回した方がいい?

店頭の保護用なので、しないほうがいいです

 
筆のキャップは、店頭での保護に使われているだけのものですので、ご使用時に捨ててください。
そのまま使用しますと、十分に乾燥ができずそこから根腐れしてしまう場合があります。

質問トップへ戻る

筆を長持ちさせるには?

筆のお手入れの仕方で長持ちさせられます

 
書筆のお手入れは、
①しっかりと水で墨を落とし
②毛に沿って丁寧にふき取り
③風通しの良いところで乾燥させる

という一般的な管理方法です。しかし、そのどれかをおざなりにしてしまいますと、劣化の原因となり長持ちさせることができません。

よく流水でお筆を洗うという方法が紹介されていますが、基本的に筆を長持ちさせるには非推奨です
理由は、流水によってバランスよく配置された毛がバラつき、墨含みにや書き味に影響が出やすくなるためです。長持ちさせたいのであれば、深めのお皿などに水を入れてから、手でやさしく揉み洗いすることが大切です。

質問トップへ戻る

筆をシャンプーで洗ってもいい?

長持ちさせたければ使わずに!

 
動物の毛を使用しているお筆ですが、シャンプーの使用はしてはいけません。
それは、書筆ができるまでの工程に理由があります。
お筆を作る段階で、「毛揉み」という工程があります。それは、もみがらを焼いた灰をかけて熱を加え、鹿皮で毛を巻いてよくもみ、脂分をとってくせを直す工程なのですが、この「脂分」がポイントとなっています。

動物の毛には「脂分」が多く含まれており、その「脂分」の量が書きやすさにつながってきます。多くても少なくても良くなく、「毛揉み」の工程では、その「脂分」を書きやすい量に調整しているのです。
シャンプーは、その成分により毛がコーティングされます。また、「脂分」が必要以上に落ちすぎてしまうため、墨含みが悪くなります。

*他の絵筆などですと、洋画などの絵具を落とすのに必要な場合がありますが、書道で使用されている墨はそれほど糊が強いわけではない為、水だけで十分です。

お筆用シャンプーも一般的に販売しておりますが、初心者の方で「洗う時間が面倒」「数か月しか書道をしない」という方にピッタリの商品です。しかし、それ以外の「これから書道を長く続けていきたい」「筆を長持ちさせたい」という方は、シャンプーを使用しない方が吉です。

質問トップへ戻る

ページトップへ戻る

実店舗のご紹介


丹青堂は、大阪・名古屋・東京に店舗を展開しております。
書道用品・日本画画材をお求めの方は、ぜひ丹青堂にお立ち寄りください。
他、軸装・額装・お仕立て等も承っております。
 

本店

阪神店

梅田地下店

名古屋店

東京店

 

ページトップへ戻る