丹青堂ロゴ

書道用品・日本画画材・和趣品を専門に販売(通販)|丹青堂 

お買い物について
ご利用案内
特定商取引法
送料について
個人情報保護方針

カートの中を見る

お支払方法
カード払・代金引換・銀行振込・郵便振替

メニューを飛ばして本文にジャンプします

1か所につき商品代金10,800円(税込)以上のお買い上げで、送料が無料となります。北海道・沖縄は送料が864円引きとなります。
※パネル等の一部商品は別途送料が発生いたします。

送料の詳細はこちらから

株式会社 丹青堂
会社案内
丹青堂本店
542-0076
大阪府大阪市中央区難波1丁目6-12
 
トップページ»  書道用品の情報»  書道筆・日本画筆へこだわり(作り方)|書道筆・日本画筆の販売・通販【丹青堂】

丹青堂書道筆・日本画筆へのこだわり(作り方)

丹青堂ではよい筆を選んで頂きたいという思いから、丹青堂と銘が打たれている書道筆・日本画筆はすべて手作りで作られています。

良い筆の書道筆・日本画筆の選び方についてはこちらをクリック

その作り方(制作過程)を動画などでご紹介します。

1.穂先の選別

丹青堂の書道筆・日本画筆は羊毛・鼬毛・馬毛・玉毛(猫)等の毛を使う用途に合わせ混ぜ合わせて使用しております。
また、下図にありますように羊毛の中でも部位によってコシや柔らかさが違うので部位での使い分けもしております。


筆の作り方羊毛の部類

2.選別と抜き上げ


選別した原毛に、櫛を入れて綿毛を取り除きます。手品を見ているようでふわっとした綿のような毛が浮き出ます。


3.毛揉み

もみがらを焼いた灰をかけて熱を加え、鹿皮で毛を巻いてよくもみ、脂分をとってくせを直します。

書道筆・日本画筆のこだわり(毛もみ)

4.つめ抜き

くせの直った毛とそうでない毛を指先で少しずつ選別して毛先を揃えます。

5.先揃え

さらに手金と手板を使い、悪い毛と良い毛を選別して毛先を揃えます。

6.逆毛取り

はんさし(型のない小刀で)で悪い毛を取り除きます。

書道筆・日本画筆のこだわり(逆毛取り)

7.平目抜き取り・寸切り

先揃えした毛を水に浸し平たく整え、毛先の揃った中から逆毛を除去し、平たくした毛に歩板(定規)を当て、毛の根元を必要な寸法に切ります。


8.形づけ・練り混ぜ

命毛・喉毛・腰毛を各寸方に切り、段々に重ね合わせて形を整えます。 そして、重ね合わせた毛をムラの無いように念いりに練り混ぜ、ここでもまた繰り返し先の悪い毛を除去します。

9.芯立て

練り混ぜた毛(芯毛)に糊を加え、コマという筒に毛を通し、太さを決めます。そして、自然乾燥します。

書道筆・日本画筆のこだわり(芯立て)

10.芋締め

乾燥した穂の根元を麻糸で縛り、尻を焼きゴテで焼き、強く締めます。この作業で穂先の出来上がりです。

11.仕上げ

筆軸に取り付けた穂に、麩糊を十分にしみこませ、糸を巻き余分な麩糊を絞り出し形を整え乾燥させ完成です。

書道筆の選び方

書道筆の選び方